Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      【東京2020】「聖火リレー、杉戸町通過決定」を灯籠でPR!(R1.7.31-8.8)

        

      東京2020オリンピックパラリンピック組織委員会

        2019年8月3日(土)・4日(日)、古利根川河畔(古川橋~清地橋間)にて、「第26回古利根川流灯まつり」が開催されました。「地上に降りた天の川」と題した「古利根川流灯まつり」では、日本一の大きさを誇る大型灯籠(約250基)が約1キロにわたり光の帯となり、幻想的な空間を創り上げました。
       その中には、今回、特別な意味合いをもつ1基の灯籠があったのをご存知ですか。それは、東京2020オリンピック聖火リレー通過決定灯籠です!

      東京2020オリンピック競技大会開催まであと1年をきり、開催前には聖火リレーが行われます。オリンピック聖火は、開催国においてオリンピックの象徴となり、聖火ランナーがリレーで繋ぐものです。
       201961日、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、東京2020オリンピック聖火リレーのルート概要が発表され、杉戸町が通過自治体に選ばれました。そして、埼玉県内の聖火リレーは、202077日(火)から79日(木)の3日間で実施され、杉戸町の通過は78日(水)の予定となっています。

      灯籠が繋ぐ光の帯のように、来夏、聖火で繋ぐ希望の光が杉戸町に訪れます。聖火ランナーはどこを通過するのか?聖火ランナーとして誰が走るのか?町民の皆様とともにオリンピック・パラリンピックの開催とオリンピック聖火リレーの到来を楽しみたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


           ▼流灯は7月31日(水)から8月8日(木)まで係留されました

      古利根川流灯まつりについてはコチラから(外部リンク:杉戸町観光協会HP)
      東京2020オリンピック聖火リレーランナー募集についてはコチラから
      東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会についてはコチラから

      東京2020オリンピックパラリンピック組織委員会

       

      音声ファイル:再生する
      更新日:2019年08月08日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ