Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
よくある質問
    軽自動車税(環境性能割)が創設されました

    税制改正により、令和元年101日から、自動車取得税(県税)が廃止され、「軽自動車税(環境性能割)」が創設されました。

    軽自動車税(環境性能割)は町の税金となりますが、当分の間は、県が賦課徴収を行います。現行の軽自動車税は軽自動車税(種別割)に名称が変わりますが、税率(税額)などに変更はありません。

     

    軽自動車税(環境性能割)の税率

    軽自動車税の環境性能割は、令和元年101日以降の軽自動車の取得に対して適用されます。新車・中古車を問わず(取得価額が50万円を超えるもの)対象となります。

    なお、令和元年101日~令和2930日に自家用の乗用車を取得した場合は、税率1p(ポイント)の軽減があります(税率が2パーセントの車両は税率が1パーセントに、税率が1パーセントの車両は非課税となります)。

    新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置により、その適用期限を6月延長し、令和3年(2021年)3月31日までに取得した自家用乗用車を対象とします。

     

    環境性能割額=取得価額(円)×税率(パーセント)

     

    税率については、下表「軽自動車税(環境性能割)税率表」を確認してください。

    区分

    燃費性能など

    税率(自家用)

    税率(営業用)

    電気自動車・天然ガス軽自動車

    特になし

    非課税

    非課税

    ガソリン車・ハイブリッド車

    令和2年度燃費基準+
    20
    パーセント達成車

    非課税

    非課税

    令和2年度燃費基準+
    10
    パーセント達成車

    非課税

    非課税

    令和2年度燃費基準車

    1.0パーセント

    0.5パーセント

    平成27年度燃費基準+
    10
    パーセント達成車

    2.0パーセント

    1.0パーセント

    上記以外の軽自動車

    上記要件を満たしていないもの

    2.0パーセント

    2.0パーセント

     

    ・「平成32年度燃費基準」は、「令和2年度燃費基準」と同様の扱いとする。

    ・天然ガス軽自動車は平成30年排出ガス基準適合または平成21年排出ガス基準10パーセント低減達成車に限る。

    ・ガソリン車・ハイブリッド車は、平成30年排出ガス基準50パーセント低減または平成17年排出ガス基準75パーセント低減達成車に限る。

     

    環境性能割関連サイト(外部サイト)

    埼玉県ホームページ/令和元年10月1日からの自動車の税金が変わります

    埼玉県自動車税事務所ホームページ/減免について

    音声ファイル:再生する
    更新日:2020年07月27日
    担当:税務課 町民税担当
    電話(内線):242・243・436

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ