Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な方へ

    国民年金保険料の免除申請が可能です

    新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能となりました。

    日本年金機構ホームページ

    【国民年金被保険者の方へ】新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例手続きが開始されました。

    ●対象となる方

    以下のいずれにも該当する方が対象になります。

    (1)新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少

      令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われた等により収入が減少したこと。

    (2)所得が相当程度まで下がった場合

      令和2年2月以降の所得の状況からみて、当年中の所得見込額(*1)が、国民年金保険料免除基準相当(*2)(*3)になることが見込まれる方

    *1 令和2年2月以降の任意の月(最も低い月など)における所得額を12か月分に換算し、見込みの経費等を控除し算出します。

    *2 当年中の所得見込額が全額免除基準相当(例:単身世帯の場合は57万円以下)や一部免除基準相当に該当する場合に、それぞれの基準に該当する免除が適用になります。

    *3 免除等の判定においては、世帯主および配偶者(納付猶予は配偶者のみ)も審査の対象となります。また申請者本人のほか、世帯主や配偶者が(1)と(2)に該当するときにも、この簡易な手続きによる申請ができます。

    ●対象期間

    <免除猶予>

    令和元年度分(令和2年2月~令和2年6月)

    令和2年度分(令和2年7月~令和3年6月)

    <学生納付特例>

    令和元年度分(令和2年2月~令和2年3月)

    令和2年度分(令和2年4月~令和3年3月)

     *令和元年度分と令和2年度分はそれぞれ申請書の提出が必要です。

    ●申請に必要な書類

     (1)国民年金保険料免除・納付猶予申請書

     (2)所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

               令和元年度用   令和2年度用         記入例

    ●注意点

     (1)免除等を受けた期間については、追納しない限り、将来受ける年金金額が少なくなります。

     (2)10年以内であれば追納が可能です。ただし、3年度目から加算が付きます。

     (3)一部免除が承認された場合は、残りの保険料を納付しないと未納扱いになります。

    ●申請方法

     申請書の提出先は、杉戸町役場町民課国民年金担当、または年金事務所です。

    学生の方の臨時特例申請

    学生の方も、収入が相当程度下がった場合は、国民年金保険料学生納付特例申請が可能になります。

    具体的な手続きについては、日本年金機構ホームページをご覧ください。


    音声ファイル:再生する
    更新日:2020年07月03日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ