Multilingual
背景色
文字サイズ
まちづくりの知恵、いただきます!出前座談会(書面)レポート《R2年10~12月》

まちづくりの知恵、いただきます!出前座談会(書面)レポート《R2年10~12月》

下記のグループからの注文で「出前座談会」(書面)を実施しました。
※コロナ禍のため、感染拡大防止の観点から、令和2年度は書面となりました。

主な内容は次のとおりです。
【実施期間】令和2年10~12月
【 注文者 】 令和3年杉戸町成人式実行委員会
【 テーマ 】 杉戸の未来について
【「まちづくりの知恵」に対する町長コメント】

公共交通の充実について
 令和2年4月1日から、町内巡回バス「あいあい号」の利便性の向上を図るため、運行コースを2コースから3コースへ変更、運行便数の増便等を行いました。今後におきましても、現状の課題を把握した上で、さらに「高齢者の方」、「障がい者の方」に利用しやすい地域公共交通となるよう、検討を重ねてまいります。


公立小・中学校の学力向上に向けた取組について
 杉戸町では、未来像の一つに「子どもたちに未来を拓く力を育むまち」を掲げています。これからの変化の激しい社会を生き抜くために、教育には、基礎的・基本的な力とともに、変化への対応力や積極性、想像力などを育むことが求められています。今後も、子どもたちが安心して学べるよう、教育の質の向上と教室環境等の整備・充実に取り組んでまいります。


外灯(防犯灯)の設置について
 杉戸町では、省エネ化の推進及びコスト削減を図るため、防犯灯を平成25年度からLED化へ変更し、現在、99%に達しています。また、令和2年度から、道路照明灯においても計画的にLEDへ変更しています。今後も、引き続き、「安心・安全なまち」を目指し、取り組んでまいります。


空き家の有効活用について
 空き家は増加の一途を辿っています。そこで、町内に空き家を所有している人とその空き家を利用したい人をつなげる「空き家バンク」を運営するにあたり、令和2年11月25日に、公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会 埼葛支部と「杉戸町空き家バンク媒介等に関する協定」を締結しました。これにより、宅地建物取引の専門家の協力を得られることで、空き家の流通が促進され、町内への移住・定住促進及び地域の活性化につながっていくものと思われます。今後も、空き家の適正管理及び有効活用に向け、取り組んでまいります。


宿場町を活用した町PRについて
 大落古利根川河畔では、川の国埼玉はつらつプロジェクトにより、散策路及び見晴らしデッキが完成し、カヌー等の体験教室が開催されました。今後は、水辺空間の活用策を検討する協議会「ミズベリングすぎと」を中心に、水上のアクティビティに触れる機会や護岸の有効活用を企画してまいります。また、杉戸宿の歴史とコラボしたイベントの実施はもちろんのこと、水辺資源を最大限に生かし、中心市街地の新たな観光スポットとして、観光人口・往来人口の拡大へとつながるよう、進めてまいります。


駅前について
 今年度から、東武動物公園駅東口通り線周辺まちづくり構想推進委員会が発足し、杉戸町・宮代町の関係者により新たなまちづくりの議論が展開されました。また、ハード面では、用地買収も始まり、将来の完成後のイメージが徐々にではありますが、できあがってきました。今後も、中心市街地の資源を活用しながら、無限の可能性を最大限引き出したエリアにしていきたいと考えております。

 

 ≪ 総 括 ≫ 
 今回は、コロナ禍ということで、書面会議であるにもかかわらず、多くの貴重なご意見をいただきありがとうございました。杉戸町の将来を担う若い皆さんの「熱い思い」を参考としつつ、今後の政策決定や町政運営に取り組んでまいります。

音声ファイル:再生する
更新日:2020年12月22日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ