Multilingual
背景色
文字サイズ
家屋倒壊等氾濫想定区域

早期立ち退き避難が必要な区域とは

 洪水であれば、氾濫した洪水の流速が早く、氾濫流により木造の家屋が倒壊する恐れのある区域や、洪水の際に河岸が削られて(河岸浸食)、家屋が倒壊する恐れのある区域を、各河川の管理者が家屋倒壊等氾濫想定区域として設定しています。また、洪水浸水深で3.0m以上の区域は、建物の最上階も浸水する恐れがあることから、屋外への避難が必要になります。

家屋倒壊等氾濫想定区域はこちら

音声ファイル:再生する
更新日:2021年01月18日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ