Multilingual
背景色
文字サイズ
杉戸町洪水ハザードマップ(R3版)

ハザードマップ(表)

ハザードマップ(裏)

 

 国土交通省は、概ね1000年に1度程度発生する大雨によって利根川、江戸川及び荒川が氾濫(はんらん)した場合に浸水被害が想定される区域を「浸水想定区域」として指定しました。
 また埼玉県は、概ね1000年に1回程度発生する大雨によって大落古利根川が氾濫した場合に浸水被害が想定される区域を「浸水想定区域」として指定しました。
 杉戸町は、この4つの河川が氾濫した場合の「浸水想定区域」に含まれており、それぞれの河川について浸水が想定される区域、浸水の深さ、避難のときに役立つ情報などを掲載した洪水ハザードマップを作成しました。
※雨の降り方や土地利用状況の変化などによって、洪水ハザードマップとは違った浸水被害が発生する場合もあります。

 



【音訳】ボタンをクリックしていただくと、音訳版をお聴きいただけます。
 なお、音訳版は、音訳ボランティア「あいうえお」の皆さんのご協力をいただき作成しています。


(音訳)洪水ハザードマップ(表紙)
(音訳)洪水ハザードマップ(利根川)
(音訳)洪水ハザードマップ(江戸川)
(音訳)洪水ハザードマップ(大落古利根川)
(音訳)洪水ハザードマップ(荒川)
(音訳)防災関係機関一覧・避難所一覧等
(音訳)情報の入手・災害時の連絡方法等
(音訳)洪水ハザードマップ概要等
(音訳)浸水シミュレーション
(音訳)警報、特別警報・雨の降り方等
(音訳)避難情報等
(音訳)避難のポイント等
(音訳)日頃の備え・避難の心得等

 

音声ファイル:再生する
更新日:2021年09月01日

アクセスカウンタ