Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      杉戸町さわやか相談員設置要綱
      ○杉戸町さわやか相談員設置要綱
      平成16年3月26日
      教委告示第5号
      (目的)
      第1条 いじめ・不登校等児童生徒の心の問題の重要性にかんがみ、町内中学校における教育相談体制の整備・充実を図るため、日常的に教育相談に携わる「杉戸町さわやか相談員」(以下「相談員」という。)を設置し、もって健全な児童生徒の育成を図ることを目的とする。
      (設置者)
      第2条 相談員の設置者は、杉戸町教育委員会(以下「教育委員会」という。)とする。
      (配置)
      第3条 相談員は、町内中学校のうち、埼玉県さわやか相談員が配置されていない中学校に配置するものとする。
      (相談員の任命)
      第4条 教育委員会は、教育相談に関し豊かな識見と経験を有する者等を、相談員に任命する。
      (業務)
      第5条 相談員は、配置校の校長の指導・監督のもと、次の業務を行う。
      (1) 児童生徒との相談及び援助に関すること。
      (2) 児童生徒のカウンセリング等に関する情報の収集・提供に関すること。
      (3) 教職員との連携に関すること。
      (4) 学校・家庭・地域との連携に関すること。
      (5) その他、いじめ・不登校等への対応に関すること。
      (報酬及び費用弁償)
      (勤務日等)
      第7条 相談員の勤務日は、1週間当たり5日、勤務時間は、1日につき5時間とする。
      2 勤務日及び勤務時間の割振りは、配置校の校長が定めるものとする。
      (服務)
      第8条 相談員の服務の監督は、教育委員会及びその委任を受けた配置校の校長が行う。
      2 相談員は、職務の遂行に当たっては、この要綱及び上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。
      3 相談員は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
      4 相談員は、教育委員会の許可する特別な場合を除き、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後もまた同様とする。
      5 その他相談員の服務に関し必要な事項は、教育委員会の定める学校職員の例による。ただし、職務の性質上これにより難いものについては、この限りではない。
      (その他)
      第9条 この要綱に定めるもののほか、相談員に関して必要な事項は、別に定める。
      附 則
      この告示は、平成16年4月1日から施行する。
      更新日:2008年03月13日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ