Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      杉戸町さわやか相談員実施要綱
      ○杉戸町さわやか相談員実施要綱
      平成16年3月26日
      教委告示第6号
      (趣旨)
      第1条 この要綱は、杉戸町さわやか相談員設置要綱(平成16年杉戸町教育委員会告示第5号。以下「設置要綱」という。)に基づき任用される杉戸町さわやか相談員(以下「相談員」という。)の任免等に関し、基本的な事項を定めるものとする。
      (定義)
      第2条 この要綱において、相談員とは、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第3条第3項第3号に規定する職にあるものとする。
      (任命)
      第3条 相談員は、杉戸町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が選考し任命する。ただし、第16条の欠格条項に該当する者は、任命できないものとする。
      2 相談員の任期は、任命の日から当該年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。
      3 相談員の任命は、辞令(様式第1号)を本人に交付して行う。
      (身分)
      第4条 相談員は、教育委員会の非常勤特別職の身分を有する職員とする。
      (勤務状況等報告)
      第5条 当該校の校長は、相談員の出勤等について、毎月5日までに杉戸町さわやか相談員勤務状況報告書(様式第2号)により、前月分を報告するものとする。
      2 教育委員会は、必要があると認めるときは、配置校の校長に対し、相談員の活動状況等について報告を求めることができる。
      (免職)
      第6条 教育委員会は、相談員が次の各号のいずれかに該当する場合は、任用期間中であっても、その職を解くことができるものとする。
      (1) 勤務成績が良好でない場合
      (2) 心身の故障のため職務の遂行に支障がある場合
      (3) 前2号に規定する場合のほか、その職に必要な適格性を欠く場合
      (4) 刑事事件に関し起訴された場合
      (5) 予算の減少による過員又は配置の必要がなくなった場合
      (6) 設置要綱第8条の規定に著しく違反した場合
      (退職)
      第7条 相談員は、任用期間の満了により退職するものとする。
      2 相談員は、任用期間満了前に、願を提出し退職することができる。
      (委任)
      第8条 この要綱に係る事務は、教育委員会学校教育課長が掌理する。
      2 この要綱に定めるもののほか、相談員に関して必要な事項は、別に定める。
      附 則
      この告示は、平成16年4月1日から施行する。
      更新日:2008年03月13日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ