Multilingual
背景色
文字サイズ
国民年金(手続き)

 平成30年3月5日から、基礎年金番号を記載していただいていた届書について、原則、マイナンバーを記入していただくことになっています。お手続きの際は、マイナンバーのわかる書類(マイナンバーカード・通知カード・マイナンバー入り住民票)をご持参下さい。また、手続きの際は、「本人確認」のため、窓口でマイナンバーカードや運転免許証などの顔写真入りの書類1点又は、健康保険証・年金手帳など顔写真なしの書類2点の提示をお願いしています。

◇加入・喪失

▽町民課 国民年金担当で受付できる届出

こんなとき

必要なもの

20歳になったとき

(厚生年金加入者を除く)

※日本年金機構から国民年金に加入したことのお知らせが届きます。

(令和元年10月より)

会社などを退職し、厚生年金を辞めたとき

(第2号 ⇒ 第1号被保険者)

・雇用保険被保険者離職票など退職(喪失)日のわかる書類

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

配偶者の退職などにより配偶者の扶養でなくなったとき

(第3号 ⇒ 第1号被保険者)

・配偶者の雇用保険被保険者離職票など又は扶養喪失日のわかる書類

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

海外から転入したとき

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

・パスポート

任意加入するとき

・預金通帳及び金融機関届出印

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

付加年金に加入したいとき

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

海外へ転出するとき

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

▽勤務先(配偶者の勤務先)から年金事務所への届出

こんなとき

種別

会社などに就職し、厚生年金に加入したとき

第1号 ⇒ 第2号被保険者

結婚して第2号被保険者の配偶者の扶養になったとき

第1号 ⇒ 第3号被保険者

会社などを退職し厚生年金を辞めて、第2号被保険者の配偶者の扶養になったとき

第2号 ⇒ 第3号被保険者

第3号被保険者の配偶者が会社を変わったとき

第3号 ⇒ 第3号被保険者

第3号被保険者が会社などに就職し、厚生年金に加入したとき

第3号 ⇒ 第2号被保険者

◇保険料

こんなとき

申請の種類

必要なもの

本人、配偶者、世帯主の所得が基準額以下や失業などにより保険料の納付が困難

免除

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

・雇用保険被保険者離職票又は雇用保険受給資格者証

(失業を理由とする場合)

50歳未満で、本人、配偶者の所得が基準額以下や失業などにより保険料の納付が困難

納付猶予

学生で本人の前年所得が基準額以下

学生納付特例

・マイナンバーがわかる書類

・年金手帳

・学生証又は在学証明書

生活保護の生活扶助や障害年金(1級、2級)を受けている

法定免除

・マイナンバーがわかる書類

・年金手帳

・生活保護開始日がわかる書類

・障害年金の年金証書

過去の免除・納付猶予や学生納付特例などの承認を受けた期間の保険料を納めたい(過去10年以内の期間)

追納申込

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳


納付書を紛失

納付書再発行

春日部年金事務所にお申し込み

下さい。電話:048-737-7112

納付方法を口座振替やクレジットカード払いにしたい

・口座振替申出

・クレジットカード納付申出

・マイナンバーのわかる書類

・年金手帳

・預貯金通帳(口座振替の場合)

・金融機関届出印(口座振替の場合)

・クレジットカード(クレカの場合)

 

 ◇給付

 詳しくは春日部年金事務所又は町民課国民年金担当にお問い合わせ下さい。

 また、厚生年金については、春日部年金事務所にお問い合わせ下さい。

 

こんなとき

請求の種類

主に必要なもの

第1号被保険者期間のみで受給資格10年を有する

老齢基礎年金

・マイナンバーがわかる書類

・年金手帳

・預貯金通帳

初診日に第1号被保険者であった人や20歳前の病気やケガにより障害基礎年金を請求する

障害基礎年金

・マイナンバーがわかる書類

・年金手帳

・障害者手帳(持っている人)

※初診日、通院の経過などがわかるようにしてご相談下さい。

年金受給前に死亡した

遺族基礎年金

寡婦年金

死亡一時金

・マイナンバーがわかる書類(請求者)

・住民票の除票(死亡者)

・戸籍謄本(死亡者と請求者との続柄を確認できるもの)

・住民票(請求者の世帯全員)

・預貯金通帳(請求者名義)

・死亡診断書の写し

※マイナンバーを記入することで住民票など省略できる場合があります。

年金受給者が死亡した

障害基礎年金、遺族基礎年金、老齢年金(旧法)、寡婦年金などの

未支給年金

・マイナンバーのわかる書類(請求者

・年金証書

・住民票除票(死亡者)

・戸籍謄本(死亡者と請求者との続柄を確認できるもの)

・住民票(請求者の世帯全員)

・預貯金通帳(請求者名義)

※マイナンバーを記入することで住民票など省略できる場合があります。

 

 

音声ファイル:再生する
更新日:2021年12月03日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ
よく使う手続きへの近道
妊娠・出産
育児・保育
結婚・離婚
退職
死亡
巡回バス
ゴミ
引っ越し
ペット・環境
各課のページ
よくある質問
ご意見・お問い合せ